IT重説

トップページ › IT重説

「忙しくて不動産屋さんに行く時間がない」
「遠方からの転居なので不動産屋さんに行くまでの交通費が大変」 ..etc

WEBカメラを利用したIT重説サービスであれば、自宅などにいながら重要事項説明を受けることが可能です。

IT重説の経緯

今までは、宅地建物の取引において常用事項説明を対面で行うことが原則となっていたため、
遠方の物件を借りようとする場合でも、わざわざ不動産屋さんに行かなければなりませんでした。

国土交通省では、『対面が原則』 とされている重要事項説明(*01)について、
テレビ電話やテレビ会議等のITを活用した社会実験を行い、特に目立った問題は発生しなかったため、
2017年10月から不動産取引でIT重説の本格運用が開始されることになりました。

お客様のメリット

  • 不動産屋まで行く負担(時間・費用)を節約できる
  • 仕事や病気等のため、不動産屋に行くことが難しい
  • 国外や遠方にいて、不動産屋に行くことが難しい

IT重説に必要な要件

  • テレビ電話が可能な通信環境が必要になります。(スマホ・タブレットでOK)
  • IT重説の対象となる不動産取引は「法人間取引」 と「賃貸取引」 に限られます。
  • 「個人が相手方となる売買取引」は対象外となっています。
  • IT重説の実施にあたっては、パソコン端末やタブレット端末など、必要なIT環境を整えて頂く必要があります。
  • IT重説を行う際には、手元に重要事項説明書の原本が必要になります。
    IT重説前日までに書類を郵送で受けとれる環境である必要があります。

※詳しくは当社営業担当までお問合せ下さい